雑記

モジャっ気の強い第二子誕生!やっぱり無痛分娩をオススメする

SNSなどで既にご報告させて頂いてますが

 

2019年9月21日に第二子誕生しましたー!!

2990gの女の子!名前は(みなみ)にしました!

呼びたくなる名前にしたくてミナミって響きが好きだったのと、結構南に縁があるのでそのままとってきました(タッチではない)

美波とか水美とかも良かったんだけどなんかキレイ過ぎてうちの柄じゃないなってことでw

 

あと翼(姉)もそうだけど一文字にしたかった!

妻は向日葵(ひまわり)にしたかったらしいんだけど出てきて顔みたら

 

(匕マワリではないな)

 

と思ったらしくその流れで採用。

ま、そんな感じで当日の流れとたまに話題にでる無痛分娩について思うことを書きました!

お産の流れ

朝の5時頃に陣痛っぽいのが来てると妻。

 

痛みはそこまで強くないようで、病院に電話して来るように促されるも

 

『マックが食べたい』

 

という食欲が陣痛を制し、デリバリーで朝マックを頼み頬張る妊婦。

 

そして一人で悠々とタクシーで乗っていく。たしか7時頃。

 

 

ついていったほうが良いかなと思ったもののあまりにも余裕だったのと娘も居たのでとりあえず待機。

 

そこから病院に到着して様子見、11時頃に促進剤を打つことに。

自分は12:30からレッスンがあったので妻とチャットで出る出ないまだ出さないで等のやりとりをしていたらレッスン中に・・・

 

 

『女!』

 

 

とチャットが(13:15頃)

 

出たあああああああああああああああ!!!!!!

 

 

と内心思いつつも生徒たちに倒立を教える自分。

立ち会いたかったけどまぁしょうがない。

 

ってかチャットしてる余裕あることに安心www

性別は聞かないルールだったので男が良いなと思っていたものの、女と聞いたら姉妹って響きも悪くないなとか今後20年は家族内ヒエラルキーの最底辺に位置するな・・・とか考えながら病院へ。

タクシーの中で妻から送られてきた赤ちゃんの動画があまりにもブサイクすぎて不安を覚える。

(生まれた直後はかなり顔がちがう)

 

 

出産ってスピード出産とかもあるけど人によっては丸一日とか散々いきんだ末に帝王切開とかもあるし、生死に関わる一大事だからその後のダメージってけっこうでかいイメージ。

前回も割と元気だったけど数週間はつらそうだったし。

 

 

で、いざ会ってみたら妻、余裕でスマホぽちぽち。

 

 

え?生んだんだよね?

攫ってきてないよね?

 

 

 

なんか拍子抜けするほどに元気でなにはともあれ良かったです。可愛いエクボがあるのが全く気にならないほどに毛深いのが心配。

無痛分娩について

 

お産のときに麻酔使うか使わないかって話。

 

 

うちは前回も今回も2回とも無痛分娩。

 

実際に味わったことはないけど単純に痛いの嫌じゃない?

今回は立ち会えてないけど、本当に痛そうだった記憶がすごく残ってる。

 

 

1回目の時は最初から最後まで一緒に居たんだけど(自分が最高に体調不良だったが)

促進剤打った後、陣痛の痛みが妻に襲いかかる。

 

彼女はかなり痛みには弱い方なので、無理そうだったらとりあえず打とうという話にはなっていたんだが、いざきてみると本当に悲しくなるくらい痛そうで全然見ていられない。

自分は男なのであの痛みを感じたことはないけど、あんなに痛そうな妻を見たのは初めてだったので胸が苦しくなった。

立ち会ったことある人は分かるハズ。

 

てゆうか楽になる手段(麻酔)があるのにあの姿を見て横で頑張れとか全然言える気分じゃないっす、はよ打ってくださいって感じ。

アレを見ると麻酔無しで生んだ人達本当すごいなと、もちろんアリでもすごいんだけど

よくぞ耐えたというか。全国の母親への目線が変わる。

 

 

実際麻酔打つとすごく楽になるそうです。

科学の進歩は素晴らしい。

 

 

 

日本人は麻酔を使わず自然に生むというやり方の病院が基本的に多い。

 

それが自然のやり方だから

痛みを味わうことが美徳

麻酔はリスクが有る

 

その考えが悪いとは全く思わないが痛くないやり方があるのであればそれをチョイスするのは全然ありだと思う。

たまにアレを味わったほうが良いと言う人がいる。

痛みに耐えて生んだことは尊敬するし参考程度に聞くのもいいが、いずれにしてもその人は責任とってくれない。

リスクに関しては鼻の穴からスイカが出てくるくらいのことなのでどちらにしてもある。

 

ただ、日本の場合慣れてないという意味では打って貰う場合病院をしっかり選んだほうが良いと思われる。

 

 

中国の場合は麻酔が当たり前なので日本人は麻酔を使わない人が多いという話に不思議がる人も多い。

 

お金の問題などもあるかもしれないが、その子のお産は一生涯に一度しかないのでそこはお金使って良いところだろうとも思う。(いうて10万円くらいin上海)

 

 

また、無痛分娩の場合は産後のダメージ回復も早く、今回はあまりにもケロっとしていて正直戸惑ってる。

 

まとめると

 

・痛いの絶対にイヤな人、産後仕事にすぐ復帰したい人にオススメ

・リスクはどちらにせよあるが慣れてる病院にやってもらうのが一番

・お金は使うべきタイミング

・人の意見は参考程度に、自分で決める

 

人によって色々考えがあると思いますが、夫から見た目線だと無痛分娩はオススメです。

締め

生まれてから5日たって、3歳の姉、翼も赤ちゃんに大興奮。

タオル持ってきたり、おむつ持ってきたりしてくれるので結構助かりますが、

 

いわゆる赤ちゃん返りっていうやつが来た時が恐ろしいです(T_T)

 

妻は妻で『あたしの妻としての仕事は終わった』

という意味深な発言もしており、早速謎にプレッシャーをかけられてます。

 

 

そんな感じ(?)で今後ともよろしくお願いいたします!

 

出産とマグロ漁船への決意と全国の母達に最大の敬意を。ご報告です!母子ともに無事に産まれました!!...

 

踊る1歳の娘を見て思ったダンスの本質について父です。   娘が1歳になりました。 ※正確に言うともう1歳3ヶ月です。     よちよち歩きでスタジオや家を歩き回り、美味...

 

ABOUT ME
Bboy48
中国の上海在住、上海BLOWにてストリートダンス講師、MC、雑用係として奮闘中の1987年生まれ大和男子。既婚者。Bboy歴15年。ねこ、PC、本が揃うと家から出ないインドア派、ダンスバトル大好き。英語はWhat's up、中国語はニーハオなレベル。