旅行

中国武漢のクラブへ行ったらバブリー過ぎてヤバかったので話す

上海在住ダンサーの48(@48illskill)です!

中国の武汉(wuhan)=武漢

という場所でショーをしてきましたー!

23日だったので中日の夜(土曜)にクラブへ行ってきたのですが

 

そこには上海や日本のクラブとは比べ物にならない規模の異次元空間が広がっていたので

以下、解説です。

基本スペックなど

クラブっていうと

・キャバクラの上位互換

・若者、ダンサー達が踊っている所

・お金持ちがお姉ちゃん達をはべらせてEDMの流れる空間で酒を飲みまくる場所EDMは電子音がガチャガチャうるさい流行りの音楽の事

と、3つほど浮かぶと思うのですが、今回行ったクラブは1番最後のやつ。

東南アジアの都市に多いクラブです。本当はHiphopがかかるクラブに行きたかったのですが見つけられなかった

今回行ったのはその中でも有名なSPACEというクラブ。

SPACE CLUB

土曜の夜なのにフリー

 

普通上海の外灘にあるこういう系統のクラブだと、入る時に入場料100元とか取られるのですが無料でした。

リーズナブル。

すんごくでかい

 

めっちゃデカかったです。

新木場のアゲハくらいあると思う。

ただ、前述した通り、踊りに行く場所ではなく女の子とソファで座って酒を浴びるほど飲むというような遊び方をする人をターゲットに作られてるのでほとんどがソファ席。

踊れるフロアはDJブースの前と所々にあるお立ち台のみといった感じ。

テーブルに座るには大金が必要

 

自分で払った事はないので分かりませんが、基本的に10万円とか30万とかのシャンパンやウイスキーをいれないとソファ席には座れないシステムです。

自分はそんなお金の使い方できませんwww

 

入る時に日本人だからなのか、英語を喋れるスタッフを呼んでくれて、スタンドのテーブルを案内してくれました。

しかも無料(スタンドでも普通はお金かかる)フリーのドリンクも付けてくれたため、自分の中の警戒心がMAXだったのですが特に何も無かったです。

多分お金使って遊びたい人は彼に女の子とかを紹介してもらうとかそういう流れだと思われる。

日本人だからその辺の若者とは違うというふうにみなされたのかもしれないです。

もはやディズニーラドなアトラクション

デカイだけじゃなくてそこに付いてる装置、仕掛けがヤバかったので紹介していきます。

レーザービーム

照明の量が半端じゃない。

テーブルからはレーザービームが立ち昇る。

 

そしてDJブースから出るラスボス感

あれ?FFのボスで居たよね君。

『5・・・・』『4・・・・』『3・・・・』

みたいな感じでカウントダウンから強烈な攻撃放ってくるタイプのやつでしょ?

 

画面11枚が60インチテレビくらいあってマジで超デカイの(語彙力)

超強力スモーク

スモークって横からブワァッ!と出るもんだと思ってた私が間違ってました。

 

 

上です。

上から降り注ぐのです。

紙吹雪

酒、音、光、煙と五感のうちの4つはすでに持っていかれてる。

あとは触感、そう、紙。

 

紙吹雪。

MCの偏差値低めの掛け声に合わせて空中へ撒き散らされる紙たち。

 

この時、ナルトの

 

起爆札6000億枚であなたを10分間攻撃し続けるわ

 

みたいなシーンを想起してたのは多分オレだけ。

強制バウンシングマシーン

 

爆音で音楽を聴いた時、無意識のうちに人は縦に揺れる。

じゃあさ、DJブースの前にバインバインする床置いちゃおーぜ!!

という中華の発想嫌いじゃない。

Gifじゃあまり伝わらないかもしれないけど実はコレ、

DJブースの前の床がトランポリンみたいな跳ねる床になってるんです。

 

トランポリンまではいかないんだけどあの、え〜と、アレ!

跳び箱の手前にあるやつ!

 

丁度あれくらいのバウンス具合!

 

ちなみに中に1人警備員の兄貴みたいのが居て、皆でバインバインしてる最中1人だけ無表情で縦揺れしてるのがシュールだった。

そして手ぶれ補正のジンバルが如きブレの無さ。

 

ダンサーのいうダンスは全くできないけどぶっちゃけこれはこれで楽しかった。

これを体験してるダンサーは世界にあんまりいないと思うのでぜひ一度行ってみてほしい。

人間エレクトリルパレード

ホストA『りかこさんからピンドンご注文頂きましたーー!!!!』

ホストB 『りいいいいいっ!!』

ホストC『かあああああっ!!』

ホストD『くおおおおおおっ!!』

ホストEZ『今夜はりかこがパーリナイ!!!

テンション上昇気分も上々りかこが今夜も急上昇!!!』

 

ホスト一同『ああああありがとううううございまああああああすっっ!!』

 

日本のホストクラブで高価な酒を頼むとこんな感じで盛り上げてくれるはず(完全に妄想です)

武漢は違う。

 

 

待たせたな。

 

 

 

 

 

 

コイツらの登場だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

エレクトリルパレード!!!!

オブジェみたいのに高いウイスキーやシャンパンなどが鎮座ドープネスしておりそれを運ぶ方たち。ちなみにピカピカしてるのは全部シャンパン

おそらくお高いボトルのオーダーが入ると彼らが登場してテーブルまで運んでくれるようです。

 

もうなんか人の使い方ほんとうにすごい。

彼らは業務の合間にこれをやっているのだろうか?それともこれ専用でお酒が入るまでは荒野行動などをして待機しているのか?

 

中国面白いわぁ・・・

おまけ

もう一つ上海にもあるMuseにも行きました!

MUSE² club

こっちも同じ感じで

・紙吹雪

DJブースの前はバウンス床

・スモークがやたらでる銃をMCが装備

って感じでほぼ一緒。

単純に天井とか広さがSPACEと比べると小さく感じました。

締め

お金持ちで座ってる人が大半なんですが僕みたいな普通に?遊び来てる中国人も結構いました。

旅行や旅でクラブを覗いてみたい人とかは一度行ってみると面白いと思います。

 

 

 

今後中国のクラブではどんなアトラクションが出るのか楽しみです。

 

以上、中国武漢のクラブへ行ったらバブリー過ぎてヤバかったので話すでした!

 

鰻屋の選曲が斜め上過ぎて客が鎮座DOPENESSになった話先日フライト前日にパスポートを無くすという海外生活の禁忌の一つを犯し、 疑似的な単身赴任生活を強いられる事となりました48です。 ...
ABOUT ME
Bboy48
中国の上海在住、上海BLOWにてストリートダンス講師、MC、雑用係として奮闘中の1987年生まれ大和男子。既婚者。Bboy歴15年。ねこ、PC、本が揃うと家から出ないインドア派、ダンスバトル大好き。英語はWhat's up、中国語はニーハオなレベル。