ダンス

初心者がダンスバトルに出る前に知ってもらいたい6つのこと

初めてダンスバトルに参加するときって、楽しみに思う反面不安と緊張でいっぱいの人もいると思います。

 

・失敗したらどうしよう・・・

・笑われないかな・・・

・緊張してうまく踊れないんじゃ・・・

 

 

色々思うところはあると思うけど全部だいじょーぶ!!

 

今回はダンスバトルイベント大好きな私Bboy48(しば)が

初心者ダンサーがバトルに出る前に知ってほしいことを書いてみました!

とりあえず楽しんでほしい!

緊張は悪いことではない

 

人は何で緊張をするのか?

 

って、色々理由があると思うんだけどダンスの場合

ちゃんと踊れるか?とか失敗したらどうしよう?とかそういう不安や恐れからくるものが多いと思う。

 

これ、反対に考えるとちゃんと踊りたい!成功させたい!っていう気持ちの裏返しでもあるワケだから、そう思ってるのって悪いことではないよね。

 

目の前の事に対してそれだけ緊張感持って望めるってのは人生でも大きな経験になると思うから成長する過程の一つだと思って乗り越えてみよう!

 

 

 

あと、これは自分の考え、というか経験の話ですが

 

舞台が大きい=緊張する

 

ではないのでその時の気持ちによるところが大きいイメージ。

大きい会場の予選より、小さいスタジオでのバトルが意外に緊張したときもある。

 

 

とりあえず経験つみましょー!

自分が思ってるより人は自分の事を意識していない

 

あ〜もう超緊張してきた!

バトル初めて出るし今週練習あんまりできてないしTシャツにさっき食べたカレーちょっと跳ねてるしまぢヤバい笑われたらどうしよう!

 

 

 

大丈夫!

 

 

 

 

 

ハッキリ言ってみんなそんなにあなたの事を気にしてませ〜ん!

 

 

自意識過剰になるのってめちゃめちゃ分かるんだけど、ネガティブな方向にそんな事気にしててもしょうがない。

 

誰もそこまで見てはないだろうし、見てたとしてもみんな忙しいから1ヶ月後にはすぐ忘れてるよ〜!

人間の脳は一日に6万回も思考を繰り返してるから必要な情報以外は忘れるようにできてるんだって。

※出典:荒木飛呂彦 ジョジョの奇妙な冒険 第3巻

 

全部覚えてたら爆発するわな。

 

 

とにかく自意識過剰になるよりも思いっきり自分のダンス踊って目立つ事に注力しましょ!

 

アドラー心理学を地で行く男のメンタル術【自分のことだけ考える】堀江貴文セントレアから上海にもどる際、いい感じのページ数だったので購入して読了。 ジャケットがやばい。 『炎上されるものになれ!』 ...

初めは予選上がれないのが普通

もう最初はね、ほぼ100%負けるから。これはしょうがない。

 

最近は始めて2年以内の人限定!とか優勝したことない人限定とか初心者の人でも参加しやすいバトルもあるけど、普通のバトルイベント出てるのって5年10年のベテランが多いわけで、しかも雨の日も風の日も休むこと無く毎日4〜5時間とかやってる変態

猛者が集まってるわけだからそりゃ厳しい戦いですわ。初心者バトル開いてくれてる人ありがとう!って感じだよね。※ExtreamのBlondから聞いたけど韓国のBboyでマジでやってるやつは1日8〜10時間がデフォルトとのこと・・・

 

僕もバトルに出始めて初めて一回戦勝ったのって10回目に出たバトルとかな気がする。

それまでぜーんぶ予選落ち、一回戦負け。とにかく覚えてないくらいいっぱい出てた。

電車で2時間とかかけて埼玉とか八王子の奥行ってさ、1回戦負けて、はい、終わり。

みたいなw

 

 

 

始めて数年はそんな感じだったけど、それでもめげずにバトル出てたら

1日で2つのバトル優勝したこともあるよー!(シドニーで)

 

君の先生も憧れの先輩も今世界で活躍してるバトルに強いダンサーも初めは全員負けてたので焦らず頑張って!

サイファーに出て慣れる

 

DJタイムとかでサイファー(円になって踊ること)やってると思うんだけど

あれ、バンバン出たほうが良いです!

 

やっぱり現場で

 

DJがかけてる音で実際に人に囲まれて踊る

 

っていうのが一番経験値上がると思うのでとにかく出よう!はぐれメタル!

 

前述したけど、ここで出まくっても皆そこまで気にしてないから大丈夫!むしろ良い踊りすれば反応も返ってくるし友達もできるかもしれない。

 

初心者の子はサイファーの出方とかも分かんないかもしれないので簡単に。

 

①サークルの一員になって軽くノリながら真ん中で踊ってる人を意識する

②大体、音の切れ目(サビの終わりとか)で踊ってる人が外にはけるのでその隙に真ん中へ

※出るタイミングでぶつかったら譲るか構わず踊るかどちらでもOK!(構わず踊った場合バトルに発展する可能性もある)

 

みたいな感じ!

Bboyはやるネタ決めとくと出やすい!ただ、技の練習もいいけどフリースタイルで踊ったりしてその空間で踊ることに慣れることにフォーカスしとくと本番で良い踊りできるかもよ。

変にカマしてやるぜ!みたいに気負わなくて大丈夫!

 

踊れ!

音を落ち着いて聞く

緊張したりするとどうしても音の早取り(ビートが来る前に反応する)をしちゃうので気をつけたいところ。

早取りしてる人の踊りってどうしても気持ちよく見えないのでバトルの評価としては悪くなる。Popperのジャッジはココのところすごく厳しいので即死。

 

もし、自分にそういう心当たりがある人は

音が聞こえてから動く

くらいでちょうど良いので現場で試してみて!

貴重品管理に気をつける

今まで色んなイベント行ってるけど、やっぱり盗難事件っておきます。

日本でも普通に。

ダンサーはみんな良い奴らだから大丈夫とかここ日本だしとか思ってると面食らうので気をつけて。

 

ダンサーはイイ奴ってかこの世界基本的にイイ奴が大半だと思うんだ。

でも人間がたくさん集まればその中に悪いやつがいるのも当然。

人が500人も1000人もいたら変なやつ1人くらい居てもおかしくないでしょ?

そんな人がいることは信じたくないけど、自分でしっかり対策しとかないとやられるぞ〜

 

ちなみに海外のBboyはバトル出る時皆ナップザックに貴重品入れて常に持ち歩いたりしてる人が多いです。ロッカー使うとか観戦しに来てる仲間とか彼女に預けるとかしましょう!

まとめ

 

今日のポイント

・緊張することは悪くない

・自意識過剰にならない

・初めはみんな負けるので気にしない

・サイファーに出て慣れる

・早取りに気をつける

・貴重品管理に気をつける

 

最近バトルイベントも飽和状態になってきて賛否両論あるけど自分はバトルイベント大好き!振り付けやったりレッスン通って習うってのはダンスのほんの一部分でしかないから自分の新しい一面がみたい人はぜひ挑戦してみて!だいじょうぶ。怖くない。

 

以上、初心者がダンスバトルに出る前に知ってもらいたいこと6つのことでした!

 

ダンスバトルの魅力について5つほど語りたい。ダンスの楽しみ方ってたくさんあって、練習、ショーケース、サイファー、クラブ遊びなど色々あります。 その中でも私が1番好きなのは『バトル...
ジャッジするようになって考えたFreestyleダンスバトルのジャッジ基準5つありがたいことにここ数年バトルやコンテストのジャッジをさせて貰う機会をちょこちょこ頂いていて、毎回色々と勉強させてもらっているので、現在...
ABOUT ME
Bboy48
中国の上海在住、上海BLOWにてストリートダンス講師、MC、雑用係として奮闘中の1987年生まれ大和男子。既婚者。Bboy歴15年。ねこ、PC、本が揃うと家から出ないインドア派、ダンスバトル大好き。英語はWhat's up、中国語はニーハオなレベル。