元旦から中国のバトルに参加してきた話

元旦から中国のバトルに参加してきた話

あけましておめでとうございます!!

妻が臨月に入り、『破水』という言葉に敏感になってます48です。

 

さて、1/1はBLOWの子供達と上海のバトルに参加してきました!!

子供達はなんと9人参加!みんな元旦からバトルに参加するなんて将来有望です。

IMG_1647

今回参加したのはWHO’s 2016というフリースタイルソロバトル。

場所はここ→http://www.smartshanghai.com/venue/8577/logo_xingfu_lu

小さめのクラブで参加者が多くてキュンキュン。

子供連れているのは私達くらいだったのですが、うちのちびっこBBOYSがサイファーでガンガン出ててもみんな暖かく迎えてくれました。

本当中国のダンサーいい人多い!そんな中、予選ルールをMCが説明。

中国語で私はまったく意味不明だったのですが←おい

子供達が聞き取れてたのでルールは無事に把握。子供達の語学力はほんとすげぇ。予選は10名ずつサークル作って番号順に踊る。時間は一人30秒。全体から32名ピックアップののちそこからトーナメント。

 

32名ピックアップ。

 

そう!多いんです!

 

私の経験上(日本&AUS)、バトルでのピックアップは8名とか16名とかが多いのですが、中国で今まで出た&見たバトルは全て32名から。

これ、すごくいいことだと思います。

 

 

サイファー形式だと勝ち負けがなく1対1の駆け引きとかもないのでそこで負けちゃうとかなりつまらないしバトルの本番の経験が全くつめないんですよね。

16名ならまだしも100人から8名とかは本当厳しい。

予選落ちたらもう見るかサイファーするだけだし、みんなバトルしに来てるから参加者的にはフルトーナメントのほうが楽しめると思います。

(もちろんムーブ数や参加人数等の関係でピックアップが良いという方もいると思います)

 

 

ちょっと脱線しますが私の日本のBBOY CREW、SKCでは若手育成のために参加者全員フルトーナメントのバトルをやってます。

参加者何人いようがフルトーナメント。

参加希望者の人数が増えていくたびに嬉しい反面、

『これ・・・5時に終わるれるかな・・・』

という不安が募る。主催、MCとしてはフルトーナメントは体力的にもマジできつい。ただ、向い合ってのバトルは楽しいし優勝者はそれこそ10数ムーブして優勝までたどり着くことも少なくないので本当すごい。

こういうイベントがあれば、普段は予選通らない子でもバトルの駆け引きが学べるいい機会にはなると思うんですよ。

知らない相手と普段と違う環境でバトルするって、慣れてない人からすると、自分のホームで練習してムーブするのと全然違います。

最近は全く手伝えてませんが、本当楽しいのでどんどん盛り上がって欲しいです。

 

 

 

さて、そんな感じで予選も始まり私は46番目。

HIPHOP、LOCK、WAACKが多かった。POPやBBOYもちらほら。

けっこうみんなうまいです。

予選のムーブはフリーズを2回もミスって、参加者も92名いたのであっ!これ落ちたかも。と思っていたが無事に通過・・・あぶねぇ。

子供達は残念ながら通らず。何人かは試行錯誤した感じがうかがえたのでこれからに期待です。

そこから

32はHiphop、16はWaack、ほぼブレイクで対応してなんとか勝利。

そしてベスト8から2ムーブに。相手はWaack。

 

 

 

 

・・・・負けました(๑´ڡ`๑)

 

 

練習不足!フリースタイルなので音にフォーカスして踊ってたんですが、自分の体が使いやすい技ばかりやってしまって、結果全てのバトルでドリルとAトラ使ってたような・・・

やはりバトル練しないと動きが出てこないですね。

そしてほぼノープランで踊ってたのでコントロールできていなかったようで膝を負傷・・・

 

もうちょっとコントロールされた大人の踊りを目指したいと思います。

 

・今回感じたこと

フリースタイルだったので、私の苦手な曲調がゆっくりな曲もけっこうあってバトルは見てて参考になりました。

 

見てて感じたのはうまい人は踊りの軸がしっかりしてる。

 

どんな曲でも自分のノリ、踊りがブレない。

見てて凄く自然で、音に媚びてないというか。

たとえば何か一つ技術が凄くてもそれを見せる前の踊りが雑だと音にハマっててもすごく浅く見える。

でも軸のある踊りの中からそういう技術が入ってくると流れが自然だから見てて気持ちいいし会場は沸く。

 

この軸ってなんやねんて感じなんですが、私なりに言うと

普段やってることです。

音楽がかかってムーブが始まる。

そこで上手い人の踊りは見ていて焦りがなく見ていて気持ちがいいし、終わりまでしっかりと踊りがつながってる。途中で止まらない。動きがストップするしないの話ではなく、途中ストップしても踊りは終わりまでしっかりつながってる。

 

軸のない人は立ちでいうと途中で動きが引っかかったり、うまく踊っているように見えても何故か自然な感じがしない。

Breakでいうとこの人やってることはすごいんだけどなんかいまいち見てて気持よくない。

 

これの原因としては色々あると思いますが、大きな理由としては動きが先行してるからじゃないかなと。バトルだから派手に動かなきゃ!みたいな思考になると動き優先のダンスになってしまって、自然な動きにならなかったり音に合わなくなってくる。その派手な動きが普段の踊り方ならそれが軸になるのかもしれませんが、バトルだからで踊り方を変えると一気に良くなくなったりします。

軸のある人は普段からやってる事なので見ていてとても自然。

練習以上のものが本番出ることはそうそうないので普段の準備、練習、そしてその内容が一番重要です。

 

 

そんな感じで当たり前の事を自分に戒めたところで

2016年もよろしくお願いいたします!!

 

 

 

 

 

 

 

イベントカテゴリの最新記事